イタリア全20州のワインを体験する試飲会のご案内(第5回)

第5回:
1月20日(金)19:00~21:00
リグーリア(Liguria)州

白2種 ピガート(Pigato)、ヴェルメンティーノ(Vermentino)、ボスコ(Bosco)、アルバローラ(Albarola)など
赤2種 ロッセーゼ(Rossese)、オルメアスコ(Ormeasco)(ドルチェットDolcettoの地元名)、チリエジオーロ(Ciliegiolo)など

土地のワインに合った軽いお料理が付きます。

参加費:4,000円(税別)

お申し込みはお店にお電話お願い致します。

045-530-4149

リグーリア州はイタリア北西部に位置し、西はフランスと、北はピエモンテ州とエミリア・ロマーニャ州、東はトスカーナ州と接するイタリア屈指の観光地。美しいリヴィエラ海岸もリグーリアにある。
州都ジェノヴァはイタリア最大の港町。
中世後期にはジェノヴァ共和国がヴェネツィア共和国と地中海貿易の覇権を争うほどに繁栄していた。
ワイン生産は、わずかな耕作可能な土地を利用して困難なブドウ栽培が行われており、多数の土着品種が魅力。生産量は少ない。陰干し甘口ワインD.O.C.チンクエ・テッレ・シャッケトラ(Cinque Terre Sciacchetrà)は秀逸。
料理は、典型的な地中海料理で海の幸と山の幸がバランスよく使われている。最も有名なのはバジリコを使ったペスト・ジェノヴェーゼ(Pesto genovese)。リヴィエラ・リグーレ(Riviera ligure)のオリーヴオイルは魚介類との相性が抜群。
試飲会のワインは、以下の品種の中から白2種類、赤2種類を料理とともに試飲していただく予定。

約1年前