イタリア全20州のワインを体験する試飲会のご案内(第13回)

9月15日(金)19:00~21:00
ロンバルディア州
土地のワインに合った軽いお料理が付きます。
参加費:4,000円(税別)
お申し込みはFacebookへのメッセージか、お店にお電話お願い致します。
045-530-4149

イタリア北部に位置するロンバルディア州は、イタリアで最も豊かな州。州都ミラノは工業、金融、商業の中心地でありファッションの都でもある。
ワインは、ネッビオーロ(現地名キアヴェンナスカ)から造られるヴァルテッリーナ、高級スパークリング産地のフランチャコルタ、ミラノに大量のワインを供給してきたオルトレポ・パヴェーゼ(「ポー河の向こう側のパヴィアの地」の意)が中心。
料理は伝統的なものが多いが、ミラノを中心にミラノ風サラミ、ミネストローネ、ミラノ風カツレツのコストレッタ・アッラ・ミラネーゼ、オッソブーコが有名。クリスマス菓子の定番パネットーネもミラノのもの。チーズならグラーナ・パダーノ、タレッジョ、ゴルゴンゾーラなど。
今回の試飲会では、ロンバルディア州の土着品種を中心に白2種類、赤2種類を料理とともに試飲していただく予定。

(栽培品種)
白・・・ピノ・ビアンコ(Pinot Bianco)、トレッビアーノ・ディ・ルガーナ(Trebbiano di Lugana)、リースリング(Riesling)
赤・・・ネッビーロ(Nebbiolo)=キアヴェンナスカ(Chiavennasca)、ピノ・ネロ(Pinot Nero)、バルベーラ(Barbera)、クロアティーナ(Croatina)

3ヶ月前