12月15日(金)19:00~21:00
ヴァッレ・ダオスタ(Valle d’Aosta)州、モリーゼ(Molise)州

土地のワインに合った軽いお料理が付きます。
参加費:4,000円(税別)

お申し込みはFacebookへのメッセージか、お店にお電話お願い致します。
045-530-4149

イタリア北西部に位置するヴァッレ・ダオスタ州(州都アオスタ)はイタリアで一番小さな州。アルプスの下にある州で、近くにヨーロッパ最高峰であるモンブランを望む。ワインはクリーンで品質も高いが生産量は少ない。料理は山の料理。フォンティーナ・チーズが名産。
モリーゼ州(州都カンポバッソ)はイタリア半島中央部に位置し、人口もヴァッレ・ダオスタに次いで少ない。ブドウ品種は周辺のアブルッツォ、カンパーニャと共通するものが多いが唯一の土着品種が黒ブドウのティンティリア。料理は、隣のアブルッツォと非常によく似ていて唐辛子を多用するものが多い。

今回の試飲会では、ヴァッレ・ダオスタ州とモリーゼ州の白赤ワインを料理とともに試飲していただく予定。

(栽培品種)
白・・・プリエ・ブラン(Priè Blanc)、ミュラー・トゥルガウ(Müller Thurgau)、トレッビアーノ・トスカーノ(Trebbiano Toscano)
赤・・・プティ・ルージュ(Petit Rouge)、モンテプルチャーノ(Montepulciano)、アリアニコ(Aglianico)

19日前